寿命と交換

水道

給湯器の寿命について

一戸建てなりマンションなりマイホームに長年住んでいるといたるところをリフォームする必要が出てきます。ベランダのコンクリートにヒビが入ったりして、そのままにすると雨が中にまで染み渡り重大な不具合につながることもあります。給湯器も同様で新築から10年で寿命となります。故障する前に交換してしまうのも良いです。10年も経過するとそのモデルの部品が無くなっていることもあるため、ある程度のタイミングで交換することが得策となります。給湯器を交換する場合には新しい給湯器の購入費と取り付け工事費が必要となります。工事はガス会社や水道屋でもおこなってもらえます。給湯器本体を購入するのはインターネットで購入する方法が一番安く購入できます。

交換・取り付け工事について

給湯器の取り付け工事は依頼をして給湯器があれば翌日には完了できます。交換工事で注意しなければならないことは、交換であれば新たに設置する給湯器が現在の設置スペースに取り付け出来るのかどうかまた給湯器のサイズを大きくする場合には配管工事など必要ないかといったところです。購入してから7、8年経過した時に故障した場合、修理と同時に交換・取り付けする場合の見積もりを合わせて出しておいてもらうと良いです。いざ交換となった時にスムーズに工事が進みます。また普段から手入れをしておくと長持ちさせることが出来ます。給湯器の排気口に埃などがたまっている場合には取り除いたり排水溝が詰まっていたらゴミを取り除くことです。